2013年

11月

30日

わな猟技術講習会-2

11月30日から12月1日の2日間、富士宮市内の環境交流プラザと市内の山林を利用して2013年度第二回目の「わな猟技術講習会」が実施されました。

 

今回は富士宮猟友会から講師をお招きして、わな猟の技術のみならず、狩猟の魅力や裏話まで普段では中々聞けないことを色々聞くことが出来ました。今回は、参加者の掛けたわなには何もかかりませんでしたが、他の場所で捕獲したシカで止めさし、解体実習をすることが出来ました。

 

参加者は様々な立場でこの狩猟や捕獲に携わっている方々で、今回の講習を通して「猟友会の方の話など実際に聞けて勉強になりました。」「罠猟の難しさもわかって良かった。」「

狩猟などで捕獲後の利用があまりされていないので活かしていきたい。」など、それぞれの立場からとても貴重なご意見を頂きました。

 

12月21日はこのわな猟技術講習のステップアップ編ということで、「てづくりわな講座」を開催予定です。詳細はこのページでアップ予定ですので、ご確認ください!!

24 コメント

2013年

11月

24日

わな猟技術講習会-1

11月23日から24日までの2日間、富士宮市内の環境交流プラザと市内の山林を利用して2013年度第一回目の「わな猟技術講習会」が実施されました。

 

1日目前半は、座学(狩猟について、シカの生態)などを詳しく講師の西富士山麓猟友会の方のお話なども交えながら学びました。後半は実習地に移動し、わなのかけ方講習と実際にわなをかける実習。これも講師の方々に丁寧に一人ずつかけ方を教わり、とても貴重な時間となりました。

 

2日目、まずはわなの安全な見回りのための講習。シカの人形を使って模擬演習をしました。その後、前日にかけたわなの見回り。丁寧な講習の甲斐あってか、18機かけたわなに4頭のシカがかかっていました。

 

わなにかかっていたシカに対し、今度は止めさし(命をいただく作業)を実施し、最後はそのシカを解体し、とれた肉を参加者で文字通り山分けにしました。

 

今回は、わなの免許をとったけど、実際にわなをかけたことがない参加者も多く、実践的なこの講習がとても学びになり、これからわな猟をしていこうという思いに至ったという嬉しいお言葉もいただけました。

 

今後もこういったこれからわな免許をとる方、もしくはとったけど使えていない方向けに講習を実施する予定です。また、昨年度この講習を受けられた方、もっとステップアップしたい方に向けて、上級編の講習も実施予定ですので、ご興味のある方は是非、このサイトをチェックしてみてください。

22 コメント

MENU

活動紹介

ホールアース自然学校では猟メンバーを中心に地域ぐるみの野生鳥獣対策を進めるために様々な活動を行っています。
狩猟活動
・調査活動
・講習会、研修会
・プログラム、商品開発
・ジビエメニュー開発
・環境教育
・普及、啓発活動
ホールアース自然学校
ホールアース自然学校

写真ギャラリー


関連リンク先