新着情報

2015年

1月

13日

わな猟技術講習会(1月17日・18日)  ~無事終了しました~

◆野生鳥獣捕獲用“わな猟技術講習会”の開催

富士山麓での野生鳥獣による農林業被害を軽減するため、環境省の「平成26年度地域ぐるみの捕獲推進モデル事業」の一環として、富士宮市で初心者向けの「わな猟技術講習会」を実施することになりました。

2012年から行っているこの講習会には、これまで富士宮・富士・静岡・近隣の県から100名以上が参加。

狩猟についての知識や技術を、実際の現場をふまえて地元の猟師から学べる貴重な場になっています。

新しい担い手となる狩猟者等の確保を図ること、また、わな猟免許者のさらなる技術向上を目指して、シカ等の野生鳥獣の捕獲効率を高めることを目的に講習会を実施します。


参加無料です。16日の17時まで参加者を募集しています。

興味のある方は、ぜひご参加ください。

 

【わな猟技術講習会 @富士宮】

開催日時:1月17日(土)9:00~15:00 【座学とわな設置の実施研修】

     1月18日(日)9:00~12:00 【わなの見回り(止めさし・解体方法の確認)】

開催場所:田貫湖ふれあい自然塾(富士宮市佐折633-14)

定員:15名(20歳以上の方、狩猟に興味のある方、免許持っている方、持っていない方でも)

講習内容:

・鳥獣被害の現状把握や生態、わな猟の注意事項等(マナーや自己防止など)

・「くくりわな」の設置場所の選び方や、設置方法

・実際に「くくりわな」のかけ方を実演(ベテラン猟師が秘訣を伝授)

・見回り・捕獲後の止めさし講習、搬出、処理の方法など

主催:富士宮市鳥獣被害防止対策協議会

 

申し込みはこちら!

→講習会事務局:NPO法人ホールアース研究所(0544-66-0790)

 

24 コメント

2015年

1月

13日

解体所の運営ノウハウ~京都・美山の事例~(終了)

藤原誉 / 田歌舎

「余りある鹿を捕りお金に買えることが出来れば、猟師も仕事になるのではと、14年前に狩猟免許取得。地元猟友会のメンバーに少しずつ理解を得ながら6年前に共同で解体施設を建設。以後、地元小学校の給食で年3回の鹿肉メニューの定着や、地元ソーセージ工房と連携した鹿肉加工品の販売などを達成。田歌舎での直売の他、全国各地のレストランへの卸や道の駅での販売など、現在年間約200頭の鹿、猪を精肉販売。解体のコツから猟師間の取引値、販売、卸の値段設定、猟師さんとの付き合い方など余すことなくそのノウハウを教えます!」

日程:2015年1月27日(火) 09:30~11:30

場所:富士宮市文化会館(富士宮市宮町14番2号)2階会議室

対象:解体所運営に興味のある個人、団体

料金:無料 

定員:20名

事務局:NPO法人ホールアース研究所

    TEL:0544-66-0790 Mail:info@wens.gr.jp

 

ご参加希望の方は、事務局までお申込みいただくか、

当日会場まで直接お越しください。

24 コメント

2015年

2月

04日

野生鳥獣対策シンポジウムのご案内(終了)

平成24年度から3年間行ってきた、環境省「富士宮地区地域ぐるみの捕獲推進モデル事業」の事業報告や地域ぐるみで取り組む先進地の活動紹介、静岡県内の野生鳥獣対策の現状等を紹介することで、市民の皆様に野生鳥獣による被害の現状や狩猟の果たす役割・意義について理解を深めていただき、今後、地域が一丸となって

課題解決に取り組む気運を高めるため、次の通りシンポジウムを開催いたします。どうぞお気軽にご参加ください。


(1)  日時   

平成27年2月11日(水祝)13:00~16:00

(2)  場所  富士宮市役所  7階会議室  (富士宮市弓沢町150番地)

(3)  定員  50名   

(4)  参加無料  ※当日、直接お越しください。

(5)【シンポジウムの内容(予定)】 

13:00  開会挨拶、趣旨説明

13:10  基調講演

「日本各地の地域ぐるみ野生鳥獣対策の事例紹介」

講師:自然系ジャーナリスト/緑陰風車  代表  鹿熊  勤氏

13:50  「静岡県内の野生鳥獣対策事業の現状」(森林林業研究センター)

14:20  休憩・ジビエ試食

14:40  環境省モデル事業「富士宮地区地域ぐるみの捕獲推進モデル事業」報告

(NPO法人ホールアース研究所  井戸  直樹)

15:10  それぞれの立場からこの3年間の変化について

(JA富士宮、西富士山麓猟友会、富士宮猟友会、林業従事者、新規狩猟者)

15:40 「今後、地域ぐるみで野生鳥獣対策に取り組むために」(静岡県自然保護課)

15:55  閉会挨拶

16:00  終了

(6)  お問い合わせ  NPO法人ホールアース研究所  0544-66-0790



主催:富士宮市鳥獣被害防止対策協議会

事務局:NPO法人ホールアース研究所  (静岡県富士宮市下柚野165)

TEL:0544-66-0790  FAX:0544-67-0567  E-mail:info@wens.gr.jp

続きを読む 26 コメント

2015年

1月

16日

鹿革クラフト&ジビエクッキングを楽しもう!(終了)

__________________________

★鹿革クラフトとジビエ料理の1日

~自然からの贈り物を楽しく美味しく活用~
__________________________

近年、富士山麓でも鹿や猪による森林や耕作地への被害が深刻化しています。

 

増えすぎた鹿を猟師が捕獲する。

 

頂いた“命”は最後まで大切にいただく。

これも狩猟の一部。

 

私達ホールアース自然学校でも、秋冬を中心に狩猟活動に取り組み始めています。

今回は、そんな私達が捕獲した鹿を使った体験プログラムを企画しました。

 

自然からの贈り物(=肉や皮)を大事に活用するため、

鹿革クラフト体験として富士山で捕獲した『鹿革ペンケース』または『鹿革パスケース』作りと、

野生の美味しいお肉を味わう『ジビエクッキング』を楽しむ日帰りプログラムです。


特別な思いを込めて、世界に一つだけの鹿革製品を作りませんか?

それはきっと一生の宝物になるでしょう。

 

命を大事にいただき、それを大事に使うことを通して

「人と自然との関わり」を考えるきっかけを作ってもらえたらと思います。

 

【日時】2月28日(土)11:00~16:00

【開催場所】ホールアース自然学校(富士宮市下柚野165)

【対象】18歳以上、定員20名
【料金】8,000円(鹿革クラフト&ジビエクッキング体験プログラム代、昼食代込)
【申込・詳細】ホールアース自然学校  0544-66-0152

http://wens.gr.jp/individual/inaka/deercraft_jibie.html



★今回のイベントのような内容で、先日静岡県の川根本町で

鹿革クラフト&ジビエクッキングの研修会を行いました。

(プログラムの内容を含めて、全体のイメージが伝わるので、一度御覧いただけたら幸いです。)

 http://wens.gr.jp/blog/hunting/leathercraft_jibie.html



 

21 コメント

2015年

1月

13日

わな猟技術講習会(1月17日・18日)  ~無事終了しました~

◆野生鳥獣捕獲用“わな猟技術講習会”の開催

富士山麓での野生鳥獣による農林業被害を軽減するため、環境省の「平成26年度地域ぐるみの捕獲推進モデル事業」の一環として、富士宮市で初心者向けの「わな猟技術講習会」を実施することになりました。

2012年から行っているこの講習会には、これまで富士宮・富士・静岡・近隣の県から100名以上が参加。

狩猟についての知識や技術を、実際の現場をふまえて地元の猟師から学べる貴重な場になっています。

新しい担い手となる狩猟者等の確保を図ること、また、わな猟免許者のさらなる技術向上を目指して、シカ等の野生鳥獣の捕獲効率を高めることを目的に講習会を実施します。


参加無料です。16日の17時まで参加者を募集しています。

興味のある方は、ぜひご参加ください。

 

【わな猟技術講習会 @富士宮】

開催日時:1月17日(土)9:00~15:00 【座学とわな設置の実施研修】

     1月18日(日)9:00~12:00 【わなの見回り(止めさし・解体方法の確認)】

開催場所:田貫湖ふれあい自然塾(富士宮市佐折633-14)

定員:15名(20歳以上の方、狩猟に興味のある方、免許持っている方、持っていない方でも)

講習内容:

・鳥獣被害の現状把握や生態、わな猟の注意事項等(マナーや自己防止など)

・「くくりわな」の設置場所の選び方や、設置方法

・実際に「くくりわな」のかけ方を実演(ベテラン猟師が秘訣を伝授)

・見回り・捕獲後の止めさし講習、搬出、処理の方法など

主催:富士宮市鳥獣被害防止対策協議会

 

申し込みはこちら!

→講習会事務局:NPO法人ホールアース研究所(0544-66-0790)

 

24 コメント

2015年

1月

13日

解体所の運営ノウハウ~京都・美山の事例~(終了)

藤原誉 / 田歌舎

「余りある鹿を捕りお金に買えることが出来れば、猟師も仕事になるのではと、14年前に狩猟免許取得。地元猟友会のメンバーに少しずつ理解を得ながら6年前に共同で解体施設を建設。以後、地元小学校の給食で年3回の鹿肉メニューの定着や、地元ソーセージ工房と連携した鹿肉加工品の販売などを達成。田歌舎での直売の他、全国各地のレストランへの卸や道の駅での販売など、現在年間約200頭の鹿、猪を精肉販売。解体のコツから猟師間の取引値、販売、卸の値段設定、猟師さんとの付き合い方など余すことなくそのノウハウを教えます!」

日程:2015年1月27日(火) 09:30~11:30

場所:富士宮市文化会館(富士宮市宮町14番2号)2階会議室

対象:解体所運営に興味のある個人、団体

料金:無料 

定員:20名

事務局:NPO法人ホールアース研究所

    TEL:0544-66-0790 Mail:info@wens.gr.jp

 

ご参加希望の方は、事務局までお申込みいただくか、

当日会場まで直接お越しください。

24 コメント

2014年

10月

31日

狩猟に関するプログラムを企画しました!

【今後の狩猟に関わる、ホールアース自然学校のイベントのご紹介】

参加者募集中です!

 

◆こども狩猟(ハンター)キャンプ!!(11月29日~30日)

http://wens.gr.jp/individual/kids_family/huntercamp.html


◆狩猟キャンプ2015(2月7日~8日)
 ~狩猟づくしの1泊2日~

http://wens.gr.jp/individual/outdoor/HUNTERCAMP2015.html


◆狩猟キャンプ2015~番外編~(2月11日)
 ~鹿革クラフトとジビエ料理の1日~

http://wens.gr.jp/individual/inaka/deercraft_jibie.html

20 コメント

MENU

活動紹介

ホールアース自然学校では猟メンバーを中心に地域ぐるみの野生鳥獣対策を進めるために様々な活動を行っています。
狩猟活動
・調査活動
・講習会、研修会
・プログラム、商品開発
・ジビエメニュー開発
・環境教育
・普及、啓発活動
ホールアース自然学校
ホールアース自然学校

写真ギャラリー


関連リンク先